本文へ移動

保育理念/基本方針

保育理念

児童福祉法及び児童憲章の理念に基づき、子ども一人ひとりの最善の利益を図るとともに、保護者の子育て支援を目指して保育にあたります。

基本方針

入所する子どもの最善の利益を考慮し、子どもにとって健康で安全で情緒の安定にふさわしい生活の場として、その福祉を積極的に増進するとともに、聖徳太子の教えを基盤として人間性豊かな人間形成における子育ての拠点として、その運営の充実と保育の向上を図ります。

保育目標

保育目標
あかるく ただしく なかよく

保育のねらい

<0歳児>

  • 一人一人の生活リズムを大切にしながら生理的な欲求を満たし安心して過ごす。
  • 外界に対する興味を育てるよう、見る、聴く、触れるなどの刺激を十分に経験する。

<1歳児>

  • 信頼できる保育士との関係のもとで、食事・排泄・着脱などの活動を通して、自分でしようとする気持ちが芽生える。
  • 子どもの自発的な活動を大切にしながら、保育士や友だちと一緒に楽しんで遊びを楽しむ。

<2歳児>

  • 自分でしようとする気持ちを大切にしながら、簡単な身のまわりのことをする。
  • 保育者が仲立ちをし、生活や遊びを通して友だちと関わる楽しさを広げる。

<3歳児>

  • 食事、排泄、睡眠、衣服の着脱などの生活に必要な基本的な習慣を身に付ける。
  • 友だちと関わっていろいろな遊びを楽しみ、身近な人や物への関わりを広げる。

<4歳児>

  • 健康、安全など生活に必要な基本的な習慣を次第に身に付け、自分でできることの範囲を広げる。
  • 友だちとのつながりを広げ、集団で活動することを楽しむ。

<5歳児>

  • 社会生活に必要な基本的習慣や態度が身につき、そのわけを理解して行動する。
  • 協同する体験を通して、意欲や自信を持って自己を発揮する。
保護者専用ページ
ログインはこちら
0
0
9
8
7
9
TOPへ戻る